top of page

【音の調和】


11月になって楽器を使っての音への関わりがが多い♫



糸島での即興セッションは

インド人のサーランギ奏者

イギリス人の琴奏者

日本人のジェンベ奏者

日本人のダンサー

そして、僕 という中々の面白い組み合わせでの、セッションとなった。



イメージ「シロナガスクジラ」で

各者が様々な楽器や声でイメージを織り成し

ダンサーが舞う



聴衆を大海原のシロナガスクジラの背中に乗せて、演者が音で語り、舞手がクジラを

導いてゆく、そんな感じだったかな~。



実に氣持ちいい緩やかな時だった。




翌日は、ディメンションサロンの仲間達と

ディメンションスタートの地

筑紫庵で盛大なマルシェとパフォーマンス




僕は、「ジャイアンリサイタル」と銘打って

完成もしていない歌を歌った(笑)

機材の不調でバタバタしたが、それでも強行決行。


コンセプト「俺が氣持ち良ければそれでいい!」なのだが、急な機材トラブルで

どうもいまいち納得いかないまま

歌いきった(笑)



今後の課題として

数を重ねて曲を仕上げ、皆が氣が付けば

はなうたで口ずさんでしまう まで

耳に焼き付けてやる!!という

新たな目標ができた(笑)


俺の魂の歌を聴け である😁


まぁ、今月は

ディメンション活動以外の日は

地元鹿児島での和太鼓の演奏も立て続けで


音楽活動がやたらと多い♫


まぁ、ディメンションは

振動波の世界ですから、楽器も含めて

毎日、各種振動波活動と言えるんですけどね。


名古屋でもオハナシ会 初開催で

初めてお逢いする方々へ

振動波の面白味をお伝えできた。



この世の全ては、振動の世界

その仕組みを知っていただけると


ますます、この世界がいとしく楽しくなりますよね。🌱

閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page